25歳社会人二年目!~仕事やめてメキシコへ行く~

大学卒業後、1年のフリーターを経て24歳にして就職し社会人2年目を猛烈爆心中。でも、もうすぐ仕事やめてメキシコに行きます!

乗り継ぎだから問題ない?米国へ近づく者よ、決してESTAを忘れるでないぞ

出発までのカウントダウンをほとんどカウントせず、いきなり当日へ飛ぶというずぼらクソ野郎はこちらです。

 

こちらへ来て1週間が経ちましたが、日本からの旅が、はなから出国さえ危ぶまれるほどの未だかつてないスリルを感じたものだったので、

乗り継ぎでもアメリカへ降り立つ人は、決してESTAの申請を忘れるべからず

との思いで書きます。

 

 

 

最近メキシコへの直行便がアエロメヒコから就航しましたが、

今回は、お安く行きたいからまず韓国へ行き、そこからアメリカ経由でグアナファトへ向かいます。

 

エージェントを通さず自分一人で学校と連絡をしたりと準備してきた今回の留学、完全に油断してました。

 

ねえみんな聞いて、

 

乗り継ぎであっても、一足アメリカに足を踏み入れるものは

 

みんなESTAが必要なの!!!!!!

 

 

ねえどうして。

 

どうして誰も教えてくれなかったの?

 

 

わたし成田空港で離陸の50分前に知ったんだけど。

 

 

航空会社のお姉さん

「今できることは2通りあります。

一つは、とりあえずここで申請してみて、一旦韓国まで行く。

その間に許可が降りてるかもしれないからそれだったら問題ありません。

大体みなさんすぐに許可が降りているので大丈夫な場合が多いです。

ももし許可が降りなかった場合、アメリカまで乗せていけないので、

その後は戻ってきてもらうことになるかもしれないです。

 

 

もしくは、今日出発を止めるか、ですね。」 

 

 

え・・・・。

 

嘘やん。

 

出発止めるとか・・

今までの苦労なんだったん。。。

 

 

自分

「いえ、今申請します。

で、結果どうなろうとも韓国まで行きます。」

 

 

 

離陸30分前が航空会社のほうもチェックインを許してくれるタイムリミットのようで、

 

「とりあえずその時間までにESTAを申請してみて、出来るところまでやってみて」

 

と言われ急遽パソコンを開き大急ぎでWifiに繋ぎESTAの申請画面へ。

 

 

 

フリーWifiが全然繋がらない。。

 

名前やらパスポート情報入力して、OK押してるのに画面が変わらない。。。。

 

 

 

8:30

離陸30分前。

 

画面が変わらない。

 

 

すみません、ここまで行きましたが、画面が変わりません!!!!!

 

お姉さん

「(困り顔)

。。分かりました。とりあえず韓国まで行けるようにしますね。」

 

 

猛ダッシュで荷物検査、出国審査をし、ゲートまで走る。

 

もう、韓国で申請しよう!!!!

 

( ;∀;)

終わったかもしれない。。。。

 

 

搭乗ゲートまでの道すがら、

一旦閉じたパソコンを開く。

 

再度情報の入力を求められるのが怖くて触れなかった

「更新ボタン」。

 

もう、やけくそだ。押しちゃえ。

 

 

 

・・・・・お?

 

 

い、

 

け、

 

た・・・・・?????

 

 

こ、これはいけた・・・・・・????

 

 

 

 

あ、許可されましたって!!!!!!!!!

 

(((((( ;∀;))))))))

 

 

 

 

うわあああああああんんん

 

「お姉さあああああん

今、今許可されました!!!

アメリカまで、行けます!!!!! 

( つ∀;) 

 

チェックインカウンターから搭乗口ゲートに移動していたお姉さん。

 

「良かったですね!!!

じゃあアメリカまで行けるようにしておきますね。」

 

お姉さん、親身になって対応してくださって、

感謝を忘れません。

 

 

日々対応するお客さんのなかで、時々いるんだろうな、

ESTAを申請していない人。

 

 

まじで、ESTA申請!!!!

とりあえずアメリカの地を踏むもの、

乗り継ぎでもアメリカに近づく者、

 

アメリカ=ESTA申請

 

まじで忘れないようにしよう!!!!!!!!!!!

メキシコってこんなとこ~住んでみて分かった10のこと~(グアナファト編)

メキシコはグアナファトに着いて1週間がたちました。日々街に繰り出しては探索をし、新たな発見をしています。そんなたった1週間ですが、暮らしてみて分かった10のことでございます。

 

1.音楽を大音量で流しがち

走る車も、服屋もレストランも、アップビートでノリノリな音楽をかなりの大音量で流しています。車は窓を開けて外の人とも音楽を共有するスタイル。笑

店もクラブかってレベルの大音量ミュージック。楽し気でいいんだけどね。

立て付けのゆるい窓が、その大音量の音楽のせいでビリビリ震えるのが、車が通る度に辛い。

 

2.ハエがすごい

でかいハエ、小っこい小バエ、大小問わず人がいるところにはハエもぶんぶん飛んでます。

屋台とかでご飯を出しているところが多いからでしょうか。平気で腕や頭に止まってきたりして、かなりうっとうしいです。慣れ・・るのか、これ?

 

3.男性がチャーミング

メキシコの男性はどうしてこう愛嬌のある顔立ちの人が多いんでしょうか。

そんなに背が高い人は多くないですが、適度にマッチョで、愛くるしい笑顔でニコってされたらそりゃもうハートズキューンです。日本より、お店に入った時など店員と挨拶をする機会が多いので、自然とコミュニケーションをとることが多いです。

 

4.雨季のスコールが尋常じゃない

基本的に真っ青に空が晴れ渡っている晴れの日がおおいですが、夕方くらいになると遠くの方からゴロゴロと雷の声が聞こえてきます。

しばらくするとポツポツと、そこから一気にザーッと降ってくる!さっきまで晴れていたのがウソのよう。

本当にひどい時はバケツをひっくり返したように降ってきます。窓を開けたままにしていた部屋に、水たまりができていました。。

日本の夕立みたいですが、雨量がときどき半端じゃないんです。

 

6.木を四角く切りがち

何でなんでしょう。メキシコ人の美の感性が不思議ですが、街中にある木が四角やら円錐型などの立体的な形に剪定されています。

こんな形にしようと思ったこともないから、逆にその新しい視点が新鮮です。

 

7.お尻が大きいのに足キュッとなっている

たれぱんだみたいなボーンッとしたお尻をしているのに、なぜ足はキュッとしているの。

結局、どれだけお尻がおおきくても、逆三角形みたいに足首にかけてキュッとしているとなぜか細く見えますよね。うらやましいなおい。

 

8.朝が早くてお昼は遅い

語学学校のクラスは8時に始まるものもあります。あわせて8時には開いているお店も多いです。朝ごはんを出してるご飯屋さんが多い印象。

日本では10時頃オープンのお店が多いですが、こちらはとても朝が早いです。

 

ただその分お昼は14時頃で遅いです。

メキシコの人は、朝ごはんに desayunar と almuerzo の2通りがあって、desayunarは朝早くにコーヒーやシリアルなどを軽く食べるもの、almuerzoはよりしっかり目玉焼きやお肉、ご飯などを食べるという違いがあります。

 

一日4食もありの文化のため、昼食が遅いのではないでしょうか。

 

ちなみに夕飯も20時頃とかなり遅めです。

 

9.乾燥している

日差しは強くても、とってもカラっとしているグアナファト。全くジメジメしていないのですごく過ごしやすいです。ただ反面それだけ乾燥しているので、すぐにのどが渇きます。朝起きると喉の張り付きがすごいです。笑

 

10.深夜まで音楽ガンガンのFiesta

特に週末の夜が盛んらしいですが、夜のグアナファトの町はかなり元気!

昼間より人がいるんじゃないかというくらい、中心部には人が集まり、屋台で食べたりバーで飲んだり、クラブでガンガン音楽を浴びて楽しんでいる人が多いです。

私が初めて行った際は、23時に家を出て、深夜2時半帰宅でした。

中には明け方4時ごろまで遊んでいるのもザラなそうで・・

すごいやメキシコ人。

退職が別れだと誰が言った?涙を拭いて、前を向こう

退職にはつきものの、「退職のご挨拶」というものを書いています。

明日が最終出社日で、そのタイミングで出せばいいらしいので今下書きを書いています。

個人的に、言葉には魂がこもるという言霊を信じる派なので、何か発する時は心を込めて本心を語るようにしています。そのため、「ご挨拶」に定番の「みなさまからたくさんのことを教えていただき感謝します」的なやつ書いているのも真心込めて感謝しながら書いてます。

んが、ゆるりとしたパゴージを聴きながら、そんなもの書いてたら泣きたくなってたまらない。

 

www.youtube.com

 

会社とはもともと会社だけの付き合いでいいやと思っていたので、プライベートで会社の人と連絡を取り合うことも会うこともなかったんですが、退社を伝える段階にきて、今までの感謝から氷のようにドライで冷たかった心がだんだん溶けてきてプライベートでも繋がる人が多くなってきました。ってもラインを交換した程度なんですが。

 

1ヶ月くらい前までは、もっと辞めるのって簡単だと思ってた。思い入れもなかったから。

 

でも、上司に辞意を伝えて、辞めることが徐々に現実になってくると、感慨?なのかなあ。心にじんわりと広がる寂しさ。

おっかしいな〜こんなはずじゃなかったんだけどなあ。

 

泣。

 

 

でも、これは次のステップへ進むための第一歩!

 

会社を去ることも、別に死ぬわけじゃないからね。顔を見なくなると言うだけで、わたしはここにいるから。

なんて、全部自分に言い聞かせてるだけ。

 

溢れる涙がこぼれないように、顔を上げて前を向くんだ!!

小胸さんのブラ探し~ユニクロのブラSサイズでも大きすぎる件~

あと2週間ほどで渡航が迫ってきておりまして、ちょっとずつですが部屋の整理をしたり準備をしてます。なんか今まで適当な服で適当なもの食べて生きてきたけど、新しい場所で新しい人と住むとなると(ホームステイね)、くたびれた服とか捨てて、新調しようと思いまして、下着を!ようやく!買いに行こうとしています。以前ブラサイズ測ってもらって、次は買いに行ってレポートします的なこと書いてから何か月経ってんだよ、って話ですが。。))

でとりあえず「小さい ブラジャー」みたいな感じで検索しまして、ワコールやらセシールやらトリンプやら出てくるけど、安心のユニクロのブラジャーが小胸にもおススメとでてきたので、とりあえず安易にユニクロに食いつく。

とここでわたしのお胸サイズを改めておさらいしておくと、伊勢丹で測ってもらったところではB75

(ずっとAだと思っていたわたしがBカップに晴れて昇進した話はこちら

伊勢丹でバスト測ったら、案の定サイズアップした話 - 25歳社会人二年目!~仕事やめてメキシコへ行く~

 

てことでここでアンダーが65のBカップになったわけなのですが、今回お目当てのユニクロのブラジャーとは、ワイヤレスブラ(ビューティーライト)でございます。

 

f:id:litche:20170718104454p:plain

ユニクロ|ワイヤレスブラ(ビューティーライト)|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

 

ノンワイヤーだから痛くない!あとお胸を整えてくれるから、シルエットがきれい!という上々の前評判を聞いて意気揚々とユニクロに向かったんですね。

で、手に取ってみて、さすがにMサイズはパカパカしそうや、と思ってSサイズ試着しました。ユニクロさま、ブラジャーまで試着させてもらえるとは、ありがたや!!(こんな真夏日の日に汗だくで試着してるやつもいるので、みなさん買ったら着る前に一回洗いましょうね。10割自戒。)

そしていざ着てみましたら!なんと!!

 

きつい!!!アンダーがきつい!!!

 

ホックを一番外側にしてもきつい。なんじゃこりゃ、、売り物のブラジャーのゴムを伸ばしてしまうでこれ。。

でもってカップ部分はカパかパ。Sサイズでもカパかパ。

 

アンダーがきつくて、カップはパカパカって、どうすりゃいいんだこりゃもう。

 

このユニクロのブラジャーの難点といいますと、このカップ部分に隙間を埋めてくれるパッドとかが無いことなんですよね。完全に自胸での勝負になります。そしてわたしは惨敗。。

 

このブラジャーのサイズ感を見てみますと、あれ、Sサイズってアンダーちょうど65くらいじゃん。おっかしいなー、Sサイズでちょうどいいはずだったのに。。これは、いくらアンダー合わせでMサイズにしてみても、カップがさらにカッポカポなのは試さなくても分かります!!もはや試してすらいません!!負け戦には逃げるが勝ちだぜ!

f:id:litche:20170717214836p:plain

UNIQLO オンラインストア[www.uniqlo.com]

 

ひたひたと忍び寄る、信頼の伊勢丹測定への疑念。。日本服飾界の重鎮、伊勢丹様を疑う気はみじんもないんですが、もしかしてこれかなーと考えられることがあるとすれば、これを測ってもらったとき、服の上から測ってもらったということ。カップはかぽかぽなくせに見た目モリモリなブラジャーつけてる上から測ってもらったんですよ。もしかしたら店員さんも経験上、測った数値からいくらか差し引いてるのかもしれませんが、盛り具合も千差万別ですからねえ。。そのモリモリブラジャーの中の私のお胸は小さかったですからねえ。。

てか自分で測ってみます、サイズ。

そして小胸さんのベストブラ探しはまだまだ続きます。。

 

 

 

Countdown: Day 21 「夢」を録音する

早々にカウントダウン2日目を飛ばして3日目の私を責めないでください。よくやっている方なんです。

今日はやけにくっきりとした夢を見ました。夢って自分の記憶や考えを脳が整理するために見るらしいんですが、語学のクラスでの夢だったので、多分留学への不安がそのまま反映されたんだろうなと思います。

そしてすごくタイムリーなことに、最近暇なのでよくする長文タイピングの内容で「夢を起きてすぐメモする人がいる」っていうのがありまして、でも絶対書いているうちに忘れるし、そもそもベッドにメモなんてない。だから今日目覚めて、起きる直前まで見てたのではっきり覚えていた夢を、手近にあったケータイに喋って録音しました。

 

【本日の夢 〜語学クラスに靴の工作とスペイン語のエッセンスを添えて〜】

 

フランスっぽいとこに留学。

スペイン語学ぶのになんでフランスに行ったのか。

文法のクラスからはじまる。

生徒5人くらいからスタートしたのに、気付くと14人くらいに増えている

後ろを見ると、いつのまにかぎっしりと授業見学の先生たちで埋め尽くされている。

その後、13時ごろ、自然豊かなうっそうと森が茂る中の小川を駆け上って街まで出かけようと考えるが、夕方からの授業へ戻る時間と、山がちの土地ゆえの急な夕立を考慮して断念。

→完全に、友人と計画しているユーシン渓谷へのハイキングの影響。自然豊かなところに行きたい心理状況が反映されている。

 その後ディスカッションのクラスに参加。

こちらも6名ほどのクラスメイト(全員女子)とともに始まる。円になって椅子に座っている。外で授業をするため、夕方近くの時間だったためだんだんと明かりがなくなって暗くなっていく。いつの間にやらペアになっている子が、課題を聞いてメモに書いてくる。それを読まなきゃいけないが、手書きが汚すぎて何が書いてあるか全く読み取れない。そこはスペイン語だったため、一部英語とスペルが被っている部分もあり、単語だけ1、2個解読。韓国語に見えるほど四角く収まった文字もある。あとは落書きみたいな汚さで、ネイティブでない私には解読不可。

→ネイティブが書く文字への恐怖の表れなのか。むしろディカッションクラスにためらいなく参加している自分に驚き。

ディスカッションのクラスだったはずだが、疑問なく黒いVansのハイトップのスニーカーを受け取る。見本の靴もある。

靴と、課題のメモと、見本の靴。周りの生徒がおもむろにハサミやカッターを手に、靴を縦半分にしたり底を切り取ったりしている。そんなみんなを見て、靴を見て、見本の靴を見て、どうやら見本の靴のように靴を切るのがゴールと理解。ちなみに、わたしの見本の靴は靴底が切り取られており、靴の中には何か芸術的な切り込みでできたデザインがある。

まさに昨日寝る前、小指部分に穴があいている黒いVansのハイトップの靴を捨てようかしばし悩んだ。ちなみにまだ捨てていない。

とりあえず靴の底を削いだが、中の芸術的切り込みに何をどうしたらいいのか途方に暮れていると、いつの間にかみんながどんどん終了していく。わたしだけが一人作業している状態に。でも手は止まっていて、悶々とどうするのが正解なのか考えている。最終的に何か見つけたようで、靴の底をきれいにはぐことに気付くが、そこで時間切れになってしまう。

要領が良くないがゆえに、小さなことに悶々と一人で悩んで時間を費やし、結果時間切れになって満足のいくレベルまで仕上げられない典型的な自分パターン。

斜め前に座っていた子が、おもむろに靴の匂いを嗅いだ。くさいからそんなものかぐもんじゃないよ、って言ったら苦笑いされた。隣に座っている子に、ツンツンして「ねえ見てあの子、靴の匂い嗅いでるよ。おえー」って言ったら愛想笑いされた

→急に馴れ馴れしく距離を詰めるもんじゃないなと学ぶ。すでに今まで何度かやっているが。相応にキモがられている。

授業後、あまりにも不憫に思ったフィリピン人ぽい女の子が帰りがてら話しかけてくれる。スペイン語より英語の方が口から出てくるので、話しかけると、英語はあまり分からない、と。急に設定がフランスに代わり、「この国では英語で話さない方がいい」とのアドバイス。「私たちはフランス語でっすっわっよっ」と足元を見られるから。既に授業冒頭の自己紹介でベラベラ英語使ってたんですが、もう遅くない?

フランスではフランス語。英語は屁の河童程度に扱われます(行ったことはないですけども。大学の授業でそう習った。)ちなみにメキシコも英語はどこでも通じるわけではないらしい。その国の言葉を喋るのは大事ですよね。

帰り道、小学校の友達エリさん登場。授業が一緒だったので、日本人の友達がいた!と安心していたのだが、授業開始早々どっかにいなくなってしまう。聞くと、具合が悪くて保健室にいたらしい。

不運すぎる自分。ラッキー運的なものは大概持っていない。お祭りでの抽選とかも、当たったことない。

不慣れなスペイン語だけども、この国の言葉しゃべれないとだよねえ。・・・で言えたのが、

Estoy cansada.

 

 

 

 

 

だけっていう。

「疲れました」。最初に習うべき大事な一文。

 

 

 

 

 

もうちょっと喋れるようになれよ。

 

 

 

あと今録音聞いてて、自分の声、ちょっといいなって思った。モテたい。

 

 

Departure to México Countdown: Day 23 地球の歩き方を買う

日々は飛ぶように過ぎ、メキシコへの出立の日まで残り23日になりました。

1ヶ月を切ったらやろうと思っておりましたカウントダウンですが、気づいたらもうすでに23日前になってしまいまして、非常に中途半端ですが本日より23日間のカウントダウン開始です。

 

記念すべき出立までの第一歩は、「地球の歩き方を買う〜〜!」

これさえ持っておけば一安心、全旅行者の教科書。

私はこの「歩き方」シリーズのとりあえず最初の部分が特に好きですね。

食べ物とおみやげ。賑やかに配置された写真たちを見てるだけでだいぶテンション上がります。よく見る旅行のガイドブックで特にカラフルに特集されてるやつですよね。ええ、私は単純です。

 

あとはグアナファトに行くんだから、ちゃんとグアナファトの章熟読しておかねば。そのためにも買ったんや。

あとはその他のシティも勉強しておきたし。

 

ところで「地球の歩き方」、毎年毎年新しい版を出しているし、国もとにかく多岐にわたる。。ググってみると、え、あの分厚さが特徴だと思ってたのに電子書籍版を出し始めたらしい!

最近Kindle Paperwhiteをゲットしたわたくし。父の日セールの時に、Kindle Paperwhiteが7000円引きになるプライム会員向けの大幅割引がありまして、(社会人だけどなぜか)Student会員の私はキャンペーン終了3時間前に必死こいて友達にメールしまくり、プライム会員を探しまくったものであります。。

Kindle、すごく軽くて薄いのにあれ一個で何冊も本を読めるのが超便利!おすすめ!だけど、地球の歩き方をあれで読むのは微妙じゃね?と思うのですが。情報量が多過ぎて、パラパラとめくって読むっていうのが出来ないのってフラストレーションな気がする。あとカラフルさが売りの紙面が、Kindleだと白黒になっちゃうんじゃないの?!白黒のガイドブックとか、キーッ、信じられん!

 

メキシコ行くけど、ドイツ好きだからドイツの電子書籍版歩き方買ってみようかな。あ、モロッコもいいな。

 

 


 

 

 

 

社会人2年目にして退職の手続きを経験すると不安しかない

会社に辞めますと意思表示してから数週間、今月をもって退職することになりました。

最終出社日は19日なので、もう2週間弱しかない!

退職なんて、普通だったら人生に1回もしくは2回あるかどうかくらいだと思いますが、社会人2年目25歳にして退職手続きを経験するのってすごい方なんじゃないかしら。給料が入らなくなるのに出て行くものだけは多すぎる不安が半端ないんですが、それでも経験値が増えるいい機会だと思って取り組んでおります。

にしてもどうしよう、退職ってこんなに不安なものなのか。。

というか次が決まっていない中で退職するのだからそりゃ不安ですようね。普通は次決まってますもんね。

語学学校行って、その後メキシコで就職するのか・・てか就職しやすいという話を聞いてメキシコに決めたんだから働けよって話ですね笑。

半年しかない学校期間の中で企業探しもしなきゃいけないとは、本当にのんびりしている暇はないですね。

せっかくプータローを卒業して入った会社だけど、また何者でもない自由な世界へと旅立ちます。不安しかないけど、自分の選択には全く後悔してないし、誇りに思う!だからがんばれ!