25歳社会人二年目!~仕事やめてメキシコへ行く~

大学卒業後、1年のフリーターを経て24歳にして就職し社会人2年目を猛烈爆心中。でも、もうすぐ仕事やめてメキシコに行きます!

DeleA1を受ける。ボロボロすぎて涙より笑いが出る。

受けてからだいぶ日が経ってしまいましたが、先月Deleを受けてきました。

Deleは世界で汎用性のあるスペイン語検定。日本だとザ・そのままの名前のスペイン語技能検定西検)というのがありますが、国際的に通用するものをとっておいたほうがいいかなと思いDeleを受けました。

レベルは一番下のA1。

大学の時に1年ちょっと授業を受けたきり、そのあとはサボり気味の独学生活のため、A1でも十分に脳にビシビシくるレベルです。Deleは一番簡単な級でも、リスニングとか容赦無く結構難しいんですよね。

 

受験会場には、大学でスペイン語専攻っぽい子、どこかのスペイン語クラスを受講しているっぽい人、どんなバックグラウンドでここに来てるのか背景がすごく気になるフランス語を話すフランス人らしき女の子、と色々な人たちが集まっていました。でも英検がいまだにメジャーなこのご時世で、スペイン語を受ける人々ってなかなか興味深いですね〜。

 

で試験の方ですが、採点してくれる試験官に申し訳なくなるレベルでした。特にライティングが酷い。15分もありましたがそのほとんどでペンが止まり、全部合わせても書けたのは6行程度。この余白、どうしようってくらい中身スカスカ。

同じ日にスピーキングも入っていたのですが、練習を全くしていないということで自主規制。

うーん8000円する受験料、しっかり準備して全部受けてようやく元が取れる?くらいだろうに、元は取ってませんが、自分の実力をひしひしと白昼の元に晒すいい機会になりました。

出来なさすぎて悔しいです。でもあまりに出来なさすぎて笑っちゃいました笑

極め付けは、回答用紙のおもてに何か記入しなければならない指示がわからず、隣の席の人に、ここ何を書けば良いんですかと聞かれ「さあ?笑」という始末。

Firmaと書いてあったか、F○○と頭文字だけ省略して書いてあったか忘れましたが、自分のサインを書く必要があったみたいです。もう、独学者にとって全てが初めて見るものばかりで困ります。笑

英語を学んでいた中学生ぐらいの時は、ちょっと分からない言葉があっても前後の文脈から想像したりしてなんとなくわかったけど、今は前後を見ても1つか2つわかる言葉があればいい方で、でもこれを読まなきゃいけないのかと考えると本当に焦る。あ、でもDeleA1のテストの内容はまあ読めたから、自分にあったレベルであることは大前提として必要ですね。

ああ、難しいなあスペイン語。。本当に話せるようになるのかな。。